2024年3月19日、星野源さんが公式サイトで、

デザイナー石塚俊氏氏の過去の不適切な行動がトラブルになっている」

として今後は起用を取りやめると発表しました。

それをうけ、SNSでは「何が起きたの?」と話題になっています。

どうやら石塚俊さんは過去の性加害でトラブルを起こしているというのです。

そこで今回は、石塚俊さんが起こした性加害のトラブルについて一連の出来事を詳しくまとめました。

デザイナー石塚俊の不適切な行動によるトラブルとは性加害!

星野源さんが言及している、石塚俊さんが起こした不適切な行動によるトラブルとは一体何でしょうか?

今回の一連のトラブルをまとめると…

  1. 被害者女性が、映画「すべての夜を思い出す」によって性加害を思い出す。
  2. 3月2日、SNSで石原俊さんの性加害を告発
  3. SNSで話題になる
  4. 3月15日、石原俊さんがSNSで謝罪文掲載
  5. 3月19日、星野源がデザイナー石塚俊氏の起用取りやめた

石塚俊さんが起こしたトラブルとは?

石塚さんが未成年の女性と関係を持ち、妊娠と中絶させたとの告発があった

石塚俊さんが未成年の女性に対し、性加害をしたと告発があった

性加害の内容をまとめると…

  • 過去に16歳だった未成年の女性に対して、妊娠・堕胎させた。
  • そのことを周囲に秘密にするように強いた。
  • その後、未成年の女性は精神科に入院した。

なぜ性加害がわかったの?

被害者の女性が今月に入ってSNSで告発しました

※被害者女性のSNSによる告発投稿についてはこのあとご紹介します。

性加害を受けた女性が今告発した理由とは?

現在上映中の映画『すべての夜を思い出す』の内容が「過去を思い出す」として告発されたようです。

3月2日から上映されている「すべての夜を思い出す」は石塚俊さんが宣伝美術、題字のデザインを担当されています。

映画「すべての夜を思いだす」の内容は?

多摩ニュータウンを舞台に、世代の異なる3人の女性のそれぞれの「ある日」を描いたドラマです。

性加害を受けた女性はその映画によって過去を思い出してしまったようです。

そして、被害者女性が3月2日にSNSで告発し、今回の問題が発覚しました。

被害者が告発したSNSの内容は?

告発した被害者女性の告発の投稿は現在は削除されていますので、投稿者についてはモザイクをかけさせていただきました。

ちなみに、清原さんとは「すべての夜を思い出す」の映画監督の名前です。

被害者女性のSNSをみた清原惟さんからもこの件に対しSNSで投稿されていました。

清原惟さんはこの投稿した当初、石原俊さんから性加害についてなんの説明もなかったようです。

そして、女性の告発されてからしばらくして、3月15日に石塚俊さんから謝罪文が投稿されています。

石塚俊の謝罪文

石塚俊さんの謝罪文

ソーシャルメディア上でいただいた妊娠・中絶に関するご指摘は概ね間違いありません

と性加害について間違いないとはっきり記載されています。

この問題はSNS上でも広まりました。

今回の問題を受けて映画監督がSNSで謝罪文掲載

被害者女性が求めていることは?

被害者の女性は石塚俊さんが関わった作品の上映中止を求めているわけではないそうです。

あくまで石塚俊さんがしたこと(妊娠、中絶)を認めてほしいとのことです。

星野源がデザイナー石塚俊の起用を取りやめた!

石原俊さんは星野源さんのジャケット写真のアートディレクションやライブグッズのデザインを手掛けています。

  • 「うちで踊ろう」
  • 「喜劇」
  • 「異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)」
  • 「光の跡/生命体」

事実確認のため石塚俊さん本人と直接対話をし、協議が行われたそうです。

その際、石塚俊さんが性加害について相違のないことを確認したといいます。

星野源さんアートワーク制作の今後の方針は?

この事態を受けて対応を検討した結果、今後すべてのプロジェクトへの石塚氏の起用を取り止めることを決定いたしました

石塚俊さんの性加害でSNSの声

石塚俊プロフィール・経歴

http://rcc.recruit.co.jp/g8/creator/%E7%9F%B3%E5%A1%9A%E4%BF%8A

  • 名前:石塚 俊(いしづか しゅん)
  • 生年月日:1983年
  • 年齢:41歳(2024年3月現在)
  • 出身:埼玉県
  • 最終学歴:早稲田大学第一文学部卒業
  • 仕事:デザイナー

石原俊さんは、2007年早稲田大学第一文学部を卒業しました。

その後、宣伝美術、書籍装丁、ディスプレイなど様々なデザインに取り組んでこられました。

2019年には自身のスタジオ「ピープル」を運営し、グラフィックデザイナーとして活躍しています。

また、石塚俊さんは星野源さんの作品のアートワークにも関わっていました。

2020年「うちで踊ろう」や「喜劇」、「異世界混合大舞踏会(feat.おばけ)」、「光の跡/生命体」などのジャケット写真のアートディレクションやライブグッズのデザインを手掛けています。

2023年にはJAGDA(日本グラフィックデザイン協会)で新人賞を受賞しています。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、デザイナー石塚俊さんが引き起こした性加害についてまとめました。

今回のトラブルをまとめると…

  1. 被害者女性が、映画「すべての夜を思い出す」によって性加害を思い出す。
  2. 3月2日、SNSで石原俊さんの性加害を告発
  3. SNSで話題になる
  4. 3月15日、石原俊さんがSNSで謝罪文掲載
  5. 3月19日、星野源がデザイナー石塚俊氏の起用取りやめ

今回のトラブルについて石原俊さんも概ね認めています。

事実だとすれば非常に遺憾です。

被害者女性の心の傷が癒えることを心から願います。

最後までお読みいただきありがとうございました。