速報将棋の第73回NHK杯は佐々木勇気八段が藤井聡太八冠を下し初優勝を飾りました

 

佐々木勇気八段といえば2017年の竜王戦で藤井壮太棋士の30連勝を阻止したことでも話題になりましたよね。

 

今回の将棋NHK杯初優勝でさらに注目されると思われます。

 

そこで今回は、

  • 佐々木勇気八段の学歴(高校・大学)
  • wikiプロフや経歴
  • NHK杯優勝にSNS喜びの声

について詳しくまとめました。

 

佐々木勇気八段の経歴wikiプロフ

イケメンだよね

  • 名前:佐々木勇気(ささき ゆうき)
  • 年齢:29歳(2024年3月現在)
  • 出身:スイス・ジュネーブ
  • 石田和雄九段門下
  • 将棋番号:280
  • 段位:八段

出典:X

 

佐々木勇気八段の経歴

佐々木勇気八段は2歳までフランスに滞在していました。

 

なぜフランスで過ごされたのかについてはわかっていませんが、父親の仕事の関係もあるかもしれませんね。

 

帰国後は埼玉県三郷市で生活しました。

 

将棋を始めたのは5歳の頃。

 

将棋を始めたきっかけは?

水泳をしていた時に中耳炎が悪化し、入院。

 

退院後も安静が必要だったため、母親が将棋セットを与えたといいます。

 

2003年8月、佐々木勇気棋士が小学3年生だった時、第2回小学生倉敷王将戦の低学年の部に出場し優勝。

 

初出場でいきなり優勝するのはすごいことですよね。

 

相当将棋の才能があったのだと思われます。

 

2004年4月、小学4年生の時、第29回公文杯小学生将棋名人戦で優勝

 

この戦いは、渡辺明九段以来10年ぶりの快挙だったそうです。

 

2008年、中学2年生の時に史上最年少で三段昇格。

合わせてCheck現在は中学1年生で昇進した藤井壮太棋士が最速記録です。

 

中学までは陸上部、高校はバスットボールに所属し、スポーツにも打ち込みました。

 

2010年、高校1年生の時にリーグ戦14勝4敗の成績でプロ入りを果たしました。

 

史上6番目に早い記録だそうですぞ

 

2013年、5段に昇格します。

 

2017年、竜王戦決勝トーナメントで29勝無敗の藤井壮太棋士との対局で勝利。

 

2017年:六段昇格

 

2018年:七段昇格

 

2022年:八段昇格

 

ここもCheck

佐々木勇気八段の師匠は石田和雄九段です。
出典元:X

 

 

佐々木勇気八段の学歴(高校・大学)まとめ!

佐々木勇気八段の出身高校、大学についてみていきましょう。

 

佐々木勇気八段の出身高校は?

東京都 白鴎高等学校

偏差値65(難関)

東京都立白鷗高等学校は、明治21年創設。

 

進学校とし有名です。

 

2005年東京都立白鷗高等学校は都立初の附属中学校が併設されました。

 

佐々木勇気棋士も附属中学からの内部進学だったようです。

 

佐々木勇気棋士は高校1年生にプロデビューを果たしているので、将棋と勉学の両立されていたんですね。

 

また、高校の時はバスケットボール部に所属。

 

将棋だけでなく、スポーツも万能だったといいます。

 

甘いルックスに将棋はプロデビューを果たし、部活はバスケと相当モテたのではないでしょうか。

 

合わせて読みたい

 

佐々木勇気八段の大学は?

出身大学:進学せず

 

佐々木勇気さんは大学には進学していません。

 

高校卒業後は将棋に専念しています。

 

大学に進学せずに将棋に専念してるプロ棋士は多いからね

佐々木勇気八段第73回NHK杯優勝!

佐々木勇気八段は2017年の竜王戦では藤井壮太棋士の連勝をとめ、公式戦でも羽生善治永世名人を破ったこともある実力者。

 

第73回NHK杯では藤井壮太八冠に勝ち、初優勝を果たしました。

 

逆転での見事な勝利でしたね✨

 

NHK杯優勝に喜びの声がSNSに届いています。

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、将棋第73回NHK杯優勝した佐々木勇気八段の経歴や学歴、wikiプロフをまとめました。

 

藤井聡太八冠に勝利し、今後さらに注目されていくことでしょう。

 

藤井壮太八冠とともに将来の将棋界を背負っていく逸材です。

 

今後の活躍にも期待が高まりますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい