バラエティー番組やCM、ドラマなど様々なジャンルで活躍されている俳優の佐藤二朗さん。

 

親しみやすい人柄や個性的な演技で多くの人から愛されています。

 

そんな佐藤二朗さんには妻(嫁)と子供が1人います。

 

そこで今回は、

  • 佐藤二朗さんの妻(嫁)は鬼嫁で美人?
  • 佐藤二朗さんと妻の出会いや馴れ初めは?
  • 佐藤二朗さんの子供は?
  • 佐藤二朗さんのプロフィール・経歴

についてまとめました。

 

佐藤二朗の嫁(妻)は美人で鬼嫁?

佐藤二朗さんは2003年に結婚されています。

 

お嫁さんは元舞台女優で4歳年下。

 

身長は150cm前後と小柄な女性だそうです。

 

佐藤二朗の嫁(妻)は美人?【画像】

奥さんは一般人のため残念ながら画像はありません。

 

しかし、佐藤二朗さんが描いた妻の似顔絵があります。

 

それがこちらです▼

 

角と牙生えてるし・・・
吠えてる。

 

息子さんが言うには、化粧していない顔は、オジさんだそうです。

 

また、声は可愛いけど、佐藤二朗さんに怒る時は漏らすほどの迫力だとか。

 

まとめると▼

  • 身長:150㎝前後
  • 声は可愛いが怒ると漏らすほど
  • すっぴんはオジサン

 

全然想像つかない。

 

佐藤二朗さんは愛妻家で有名です。

 

妻とのエピソードを度々Xに投稿していますが、読むとほっこりするような内容です。

 

一部ご紹介します。

 

佐藤二朗の妻(嫁)は鬼嫁?エピソード

佐藤二朗さんは奥さんのことが大好きなのが伝わってきます。

 

 

素敵ですよね。

 

Xを読んでいるとお嫁さんは怖そうに感じるかもしれませんが、決して鬼嫁ではありません。

 

佐藤二郎さんは先日自身のXで強迫性障害を発症していると公表しました。

 

仕事ができない状況の時にはお嫁さんが献身的にサポートしていたそうです。

 

また、後ほどご紹介しますが、佐藤さんが俳優として芽が出る前から支え合ってきたのもお嫁さんです。

 

佐藤二朗さんのことを本当に大切に想っているからこそできることですよね。

 

 

そんな佐藤二朗さんとお嫁さんはいつ出会ったのでしょうか?

佐藤二朗と嫁(妻)の出会いや馴れ初めは?

佐藤二郎さんは約8年の交際を経て結婚しました。

 

お二人が出会ったのは俳優養成所だったんだとか。

 

最初は友人として付き合っていましたが、その後交際まで発展。

 

佐藤二朗さんは20代の時に俳優養成所を辞めてサラリーマンになりますが、1996年に劇団ユニット「ちからわざ」を旗揚げしました。

 

そして会社勤めしながら俳優活動されていたそうです。

 

役者1本では食べていけず、就職か俳優か迷っていたのではないでしょうか。

 

この20代を「暗黒の20代」と語っています。

 

そんな時期を支えたのが佐藤二朗さんのお嫁さんだったそうです。

 

当時は2人でアルバイトしながら風呂無しアパートに住む生活を送っていたとXでも語っています。

 

 

 

あまりの人気ぶりに2016年には厳選ツイートを集めた”佐藤二郎なう”という本が出版されました。

佐藤二郎の子供は何人?

佐藤二郎さんは2011年に息子さんが誕生しています。

 

  • 佐藤二朗さん
  • 奥さん
  • 息子さん

の3人家族です。

 

残念ながら息子さんの写真はありませんが、佐藤二朗さんご夫妻は息子さんのことをとても大切にされています。

 

 

こんなお父さん羨ましいですよね。

 

お嫁さんもお子さんの事を大切にされています。

 

佐藤二朗のプロフィール・経歴

生年月日:1969年5月7日

誕生日:愛知県春日井市

血液型:A型

身長:181㎝

最終学歴:信州大学経済学部卒業

所属事務所:フロム・ファーストプロダクション

 

幼い頃から俳優に憧れていたそうですが、大学卒業するまでは劇団や部活にも所属したことはなく、サラリーマンになって、趣味で芝居ができたら・・・と思っていたそうです。

 

大学卒業後は、劇場の数が多いという理由で東京で就職活動を行いました。

 

当時はバブル真っ只中でしたが、平日はサラリーマン、土日は役者として活動したいと正直に伝えた影響もあるのか25社落ちてしまったそうです。

 

そんな中、唯一採用されたのが大手企業である「株式会社リクルート(現在のリクルートホールディングス)」でした。

 

しかし、社風に馴染ない理由でなんと入社した日に退社したそうです。

 

大手企業を入社日と同じ日にや退社するのはなかなかできないことですよね。

 

現在は人気俳優としてテレビや雑誌に活躍されていますが、当時は佐藤さんのお父さんも、会社を辞めたことに涙したそうです。

 

その後はアルバイトをしながら俳優の養成所に通いましたがなかなか芽が出ず、26歳の時に広告代理店に再就職しました。

 

営業の部署でトップ成績だったそうです。

 

しかし、役者になる夢を諦めきれず、『劇団ちからわざ』を旗揚げ。

 

仕事勤めをしながら俳優として活動する日々が続きます。

 

28歳の時、劇団「自転車キンクリート」に入団し、広告代理店を退職されます。

 

この頃から奥さんと同棲生活が始まったそうです。

 

そして、佐藤二朗さん31歳の時、TBSテレビ系スペシャルドラマ『ブラックジャックⅡ』に見事抜擢されました。

 

出演はワンシーンだったようですがそれをきっかけにドラマや映画に出演するようになったそうです。

 

現在の所属事務所であるフロム・ファーストプロダクションに所属したのもこのころです。

 

現在では個性派俳優として活躍を広げるだけでなく、監督や脚本も務めています。

 

映画「はるヲうるひと」では脚本と監督を務められました。

 

 

 

二朗さんのこれからの活躍が楽しみです。